ファッション関連の仕事に就きたいです。何から始めればいいですか?

Fashion designer working in studio. Close up design.

ファッション関連の仕事といっても、実際にはいくつもの職種に分かれています。まずはそれを理解するところから始めてみるといいのではないでしょうか。

■製作

メーカーの工場やアトリエでものづくりをする仕事。服飾や雑貨などの素材の縫製、加工を行います。いわゆるブルーカラーの単なる製造職とは異なり、商品によっては職人レベルのスキルが求められることもあります。また、製作に取り掛かるためにはその前段階となるデザインが欠かせません。そのフェーズを担当するファッションデザイナーやパタンナーの仕事も大事になってきます。

■流通

製造されたファッション商品に付加価値をつけ、市場に流通させる仕事。中でもメーカーや店舗で商品開発や販売計画、予算管理などを担当しているマーチャンダイザーは大きな役割を担っています。その他、マーケティングの一環として市場調査を行った上で宣伝・広告などのプロモーションやイベント企画を行うマーケターという職種もあります。

■販売

洋服やアクセサリーなどを消費者に届ける仕事。店舗に立ち、お客様への接客・販売を行うのがメインですが、その他にも売上や在庫の管理、品ぞろえのチェックなど販売に関連する一連の事務作業も行います。またお客様のTPOを聞き出して最適な商品や着こなしを提案するコンサルティング的な立場になるとファッションアドバイザーと呼ばれることもあります。

■コーディネート

使う人の特徴や好み、シーズンなどを踏まえて素材や色の組み合わせを考え、お客様にぴったりの商品を提案する仕事。主にファッションコーディネーターと呼ばれます。お客様と直接やりとりしながら提案することもあれば、売り場やウインドウのディスプレイコーディネートを任されることもあります。それだけではなく、プロモーションやイベントを企画するコーディネーターも存在します。

このように、担当しているフェーズによって求められるスキルなどは少しずつ違ってきます。自分が何をやりたいのか、何に向いているのかを考えながらめざす職種をしぼっていきましょう。その上で学校に通い、ファッションについての基礎的な知識から最新の動向まで幅広く身につけることをおすすめします。ファッションとビジネスを体系的に学べるのが国際ファッション専門職大学。グローバルに活躍できる人材を育てるというテーマで実践的な学びを展開していく予定になっています。学びを通して自信をつけ、ファッション業界で輝ける人になれるといいですね。